ニキビケア

ノコギリヤシと前立腺肥大症時の検査

男性特有のトラブルである「前立腺肥大症」ですが、もしも検査を受ける場合はどのような検査が行われるのでしょうか。
まず、前立腺は尿道周辺に位置しているので、肥大症の検査を受けたい場合は泌尿科を訪問することになります。
前立腺肥大症の主な検査項目は大きく分けて3つあります。

まず1つめに超音波断層検査です。
これは超音波を臓器に当てることで、専用のモニターにその部位の様子が映し出すほうほうです。
お腹に当てる経腹の検査が一般的で、イメージすると妊婦さんが受診しているエコーと同様です。

経腹検査は痛みがなくお壊れますが、もっと近くへ検査を医師が判断すると、校門や尿道から装置を挿入することもあります。
次に直腸診断と呼ばれるものです。
これは直腸に指を入れて、直接前立腺に触れてふくらみを確認する検査です。

がん検診などで経験する人もおり、前立腺の違和感を直接指先で判断できるので、確認しやすいという医師の声もあります。
最後に血液検査です。
血液に含まれる成分を診断することで判定しています。

もちろんその他にも細かい検査方法がありますが、なるべく患う前に対策をしておくことがベストです。
そこで出てくるのがノコギリヤシです。ノコギリヤシは前立腺肥大の予防にも最適です。
手軽にノコギリヤシのサプリメントを服用して予防に努めましょう。

このページの先頭へ