ニキビケア

ノコギリヤシの国が決めた摂取量

今や多くの男性の間に浸透している人気成分のノコギリヤシは、元来は北米を中心にしたエリアに自生してきた植物です。
この植物は、かつてはインディアンに愛されてきました。
男性に愛されてきたノコギリヤシの成分は、実は前立腺肥大はもちろんのこと、男性ホルモン由来の抜け毛や、薄毛に対応してくれる優れた有効成分です。

この有効成分は、男性ホルモンの分泌を抑える働きをし、様々なトラブルに対応したり予防したりするのです。
すでに諸外国では医薬品としての使用が許可されていますが、日本では未だに認可はされていません。
そのため日本では医薬品を認可する厚生労働省からノコギリヤシに対する摂取量の制限は行われていません。

各サプリメントの販売メーカーが、海外のデータや自社の臨床実験のもとで、自己判断した数値を上限に設定しているのです。
そこで、注意が必要なのは、一日200~320mgという数値です。
この数値は各社が大体このあたりの数値、と決めていますが、場合によっては強すぎる可能性があります。

特に女性にも効果のあるノコギリヤシですが、この量を摂取していると人によっては男性ホルモンが足りなくなる可能性があります。
もしも違和感などを感じるようになったら速やかに使用はやめましょう。

このページの先頭へ